MENU
s_help_main

自助の製品

日々の生活の手助けに

リハビリ用具でトレーニングをする。リーチャーや靴下エイドを使ってしにくい動作を可能にする。それが自助の製品です。
当社でも食事用から生活用など、様々な動作に役立つ道具を用意しています。
ご自身の状態に合わせ、日々の生活を楽しく過ごせるようご利用ください。

よくあるご質問

  • 自助具とは病気や怪我、あるいは加齢により、手足や関節などが動かしにくい状態になった時、食事や更衣など日常の生活が自分でできるよう作られた道具です。自分自身の動作を助けるために使います。

  • 道具なのでコツをつかんで慣れることが必要なものもあります。
    練習して使いこなすことがリハビリにもなります。

介助の製品

介助の時の安全の確保

当社では自助の製品以外にも介助の製品も取り扱っております。
特に車いす、ベッド、トイレなど様々な移動の場面にあった介助製品をご用意しております。
介助製品の購入をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

よくあるご質問

  • ベッドから椅子や車椅子に移動するとき、トランスファーボードと組み合わせて使うと便利です。
    椅子からの立ち上がりに使う場合は、介助されるかただけでなく、介助者も着用して立ち上がり時に持ち手を持ってもらうと、介助者が無理な姿勢にならず、腰を傷めにくい動作ができます。

  • 介護保険法により、この記載のある製品のレンタルをしている業者さんから借りる場合、介護保険認定を受け、要支援から要介護の判定を受けた人は一般のレンタル価格の1割負担で借りることができる商品です。
    (注:2割になる方もいて、製品の種目によって介護度にも違いがあります)
    またレンタル品目であっても、レンタルをされているとは限りません。

おすすめ商品

stick-Recovered_03

ご相談・お問い合わせなどお気軽にご連絡ください